海外現地生活

WordPressの目的別おすすめ無料テーマ5選!

多くのサイトが利用しているWordPressの魅力の一つは、豊富なデザインテンプレートが揃っていて、誰でも簡単に導入できることです。しかも、無料テーマでも十分に見栄えのするサイトを作ることができます。今回は、多数ある無料テーマの中から、特におすすめの使い勝手がよくデザイン性に優れたものを5つ紹介します。

企業用サイトなどにおすすめ「Lightning」

WordPressはカスタマイズ性が高いため、様々なサイトで導入されています。ブログサイトに向いているものと思われがちですが、企業や団体などの公式サイトが利用しているケースも決して珍しくありません。そういった場合におすすめの無料テーマが「Lightning」です。WordPressは世界中で利用・開発されていることもあって、無料テーマの多くは日本語非対応となっています。そういったテーマを利用する場合は、英語を自力で読み解く必要がありますが、「Lightning」は日本製ですので、そのような手間はかかりません。

また、デザインも日本人にとって慣れ親しんだシンプルなものとなっており、写真や企業のロゴなどを設定するだけでも、見栄えのする企業サイトが簡単に作れてしまいます。カスタマイズ性も高いので、後々でPHPなどをいじって機能を追加していくことも勿論できますが、「まずはサイトを公開したい」と考える企業や団体にとって、最もおすすめできるテーマです。

シンプルさを優先したい時は「STINGER」

画面いっぱいに表示される大きな画像や、動的に動くメニューなど、人目を惹くデザインに満ちたWEBサイトは、大きな魅力がある一方で、問題点も抱えています。これからWordPressを導入しようとしている人にとっては、設定やカスタマイズの難度が高すぎることもありますし、いざ導入しても「特定のスマートフォンで閲覧ができない」といった問題が発生してしまう恐れが高くなるからです。また、見た目が良いということは、データの容量も大きくなるので、閲覧者に負担となってしまうかもしれません。

このような理由から、ごくごくシンプルなデザインを求める場合は、無料テーマ「STINGER」をおすすめします。形式としてはブログ風デザインで、最低限の写真やメニューなどしかないのが特徴です。シンプルな分、レスポンシブ対応となっており、様々なユーザーにとって使いやすいデザインになっている他、検索エンジンでヒットしやすくなるために必要なSEO対策にも優れています。特にサイトを公開した直後は、検索エンジンに認識されるまで時間がかかり、アクセス数が伸び悩むというのが一般的な傾向です。そのような時に「STINGER」のようなSEO対策に優れたサイトを利用することで、より早くサイトの価値を高められることが期待できるでしょう。

もう少しデザイン性を意識したい時は「Cocoon」

文章を沢山書くブログサイトなどを運営する場合、シンプルさも重要だけれども、もう少しデザインにこだわりたい、細かな機能が欲しいと思う人は少なくないでしょう。そのような場合は、無料テーマ「Cocoon」がおすすめです。かつてシンプルさとカスタマイズ性で人気を呼んだ無料テーマ「Simplicity」の後継テーマで、シンプルさはそのままに、人気のある機能を幾つか搭載しているのが特徴です。

例えば、ブログサイトによくある、商品のおすすめランキングや、キャラクターと吹き出しを使った会話形式などを簡単に作成する機能が搭載されています。また、収益を上げるためのアフィリエイト広告にも各種対応しているため、このテーマを導入すれば、他のプラグインなどを追加する手間がかかりません。また、「Cocoon」の公式サイトでは、公式マニュアルだけでなく、利用者が質問や意見を投稿可能なフォーラムが管理されているため、問題が起きた場合に専門家の力を借りることも簡単にできます。ゆくゆくは自分でカスタマイズしたいと考えるような場合、こういったサービスが利用可能なテーマならば安心です。

画像がメインのサイトなら「PORTFOLIO」

文章ではなく写真や作品など画像を公開するために、WordPressを利用する場合は、ポートフォリオ向けと呼ばれるテーマを探すと良いでしょう。その中でもおすすめしたいのは無料テーマ「PORTFOLIO」です。シンプルな白い背景に画像がずらりと並び、一目見ただけで複数の作品を閲覧できるだけでなく、アニメーションによる説明文の表示などが挿入されるため、閲覧者を二度楽しませてくれることでしょう。

ポートフォリオ向けテーマの場合、大小異なった大きさの画像が並ぶデザインも、閲覧者に強いインパクトを与えるため人気です。しかし、デフォルトの「PORTFOLIO」の場合は、画像の大きさが整然と揃っているため、初めての人が直感的に利用しやすいという効果があります。また、シンプル故にギャラリーのような落ち着いた趣があるため、じっくりと落ち着いて見て貰いたいという場合にはうってつけです。

ECサイトだって作れてしまう「Virtue」

WordPressは様々な用途で利用可能だと説明しましたが、実はECサイト(ネットショップ)も作成可能です。ただし、ECサイトの場合は一般的なサイトとは違って、商品画像や説明の見やすさなどの他に、決済機能やセキュリティなどにも気を配る必要があるため、できればECサイト向けと言われているテーマを探すと良いでしょう。そんな中でおすすめしたい無料テーマが「Virtue」です。「Virtue」はデザイン的にも優れているだけでなく、決済に関係したプラグインを搭載しているため、カスタマイズすることで簡単にECサイトとして公開することができます。

また、個人の運営するECサイトは、商品情報などをしっかり記述するSEO対策を意識しておかないと、大手ショップの影に隠れてしまい、アクセス数を伸ばすことが難しい傾向があります。そのためには閲覧者が読みやすい文章ページなども重要となりますが、「Virtue」はそういった部分のデザイン性にも大変優れているので安心です。なお、更に細かい設定や機能を利用できる有料版もあるので、事業拡大などに伴ってグレードアップさせる可能性がある場合にも適しているでしょう。

用途に応じた無料テーマを選ぼう

紹介した5つのテーマを筆頭に、人気の無料テーマの中には「これが無料とは信じられない!」と思わせるほど、デザイン性や機能性に優れたものが沢山あります。目移りしてしまうかもしれませんが、まずは自分のサイトのジャンルや目的に応じたものを選ぶことが大切です。幾つかの候補にしぼったら、実際にテーマをインストールしてみて、自分のイメージに最も適したものを探し出すと良いでしょう。

-海外現地生活

Copyright© 海外転職放浪記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.