海外現地生活

レンタルサーバーとVPSはここが違う!異なる点を解説!

レンタルサーバーとVPSはここが違う!異なる点を解説!

レンタルサーバーとVPSを同じだと考えている人は多いです。これはどちらも共有のサーバーを借りる点では同じだからです。しかし、同じように見える2つには異なる点がいくつかあります。そのため、使い方によって利用する方を決めるといいでしょう。ここではそんなレンタルサーバーとVPSの異なる点を解説していきます。

自由度が異なる

VPSはバーチャル・プライベート・サーバーの略で、日本語にすると仮想専用サーバーになります。名前だけですとレンタルサーバーとは大きく異なるように思えます。しかし、1台のサーバーを複数のユーザーで利用するという点では同じです。そのため、レンタルサーバーとVPSを同じように思っている人は多いのです。この2つが大きく異なる点としては、自由度があります。VPSは仮想的に専用サーバーとして利用できるように設定してあります。実際は共有サーバーを何人かで利用しているのですが、専用サーバーのようにサーバーを自由に設定することができるのです。

例えばレンタルサーバーではユーザー全員が同じOSを使うしかありません。それがVPSではそれぞれのユーザーごとに、仮想のゲストOSを設定することができます。ただし、共用部分のOSは同じになります。一方で、ユーザーごとのOSはお互いに干渉することはありません。他のユーザーがトラブルを起こして障害が起きたとしても、影響を受けることは基本的にないのです。また、OSによって動くソフトウェアが異なりますので、そのソフトウェアを自由に選べるのも特徴になります。

最低価格が異なる

レンタルサーバーとVPSは価格帯としては同じですが、レンタルサーバーは無料で使うことができる場合があります。VPSはほとんどの場合が有料で、最低でも数百円はかかります。無料で使えるVPSというのはほとんどないでしょう。ただし、レンタルサーバーを無料で借りようとすると、利用時に広告が入る可能性が高いです。

サーバーの保守や構築の仕方が違う

レンタルサーバーでは提供する側が保守や構築をしてくれます。レンタルサーバーであれば、知識がなくてもサーバーを利用することは難しくないです。しかし、VPSはサーバーの設定から構築や運用まで、ユーザーが行う必要があるのです。そのため、オリジナルのサーバーを構築することができます。このようにVPSの場合は知識とノウハウが必要になります。どのようなサーバーにするかというノウハウがなければ、利用するのは難しいでしょう。また、構築するサーバーによっては、高い性能を持たせることが可能です。ただし、どちらの場合でも、物理的なサーバーの管理は提供する側が行います。

外部からの影響は受け方が違う

レンタルサーバーはあくまでもサーバーを1つとして利用します。そのため、外部からの影響を受けることが多いです。例えば、他の人が何か問題を起こしたとします。そのときには同じサーバーを使っていれば、完全に区分けされているわけではないので、他のユーザーも影響されるのです。一方でVPSであれば、外部からの影響を受けにくいです。VPSはそれぞれのユーザーごとに区分けされているので、お互いに干渉しません。外部で問題を起こしたとしても、ユーザー全てに影響するとは限らないのです。一部のユーザーにのみ影響する可能性はありますが、全てのユーザーが同様に影響することはないでしょう。

専門知識の必要性が異なる

レンタルサーバーを利用するときには、サーバーに関する知識はほとんど必要がありません。利用する方法を知っていれば、活用することができるでしょう。それがVPSを利用するとなると、専門知識の必要性が急激に上がります。特にサーバーに関する専門知識がないと、設定や構築することすらできない可能性があります。私は専門知識を持っていたつもりでしたが、サーバーの構築には苦労しました。何度もトライして、学ぶことができたのです。一般的にサーバーに関する知識は汎用性がないために、持っている人は少ないです。始めから専門知識を持っているのでなければ、苦労する確率は高いでしょう。

利用する人が異なる

レンタルサーバーを使う人はライトユーザーが多いかもしれません。サイトをインターネットに公開するときなどに利用します。ライトユーザーですから、サーバーに関しては利用できればいいという考え方をしている人が多いです。一方で、VPSを使う人は独自にアプリを使ったり、仮想OSを使ったりすることを想定しているのです。このように使う例としては、オンラインゲームのサーバーなどに利用するときに使います。他にはJavaを使いたい人もVPSが合っています。専門性が高い技術を持った人が利用するのがVPSです。

レンタルサーバーとVPSの違いについてのまとめ

レンタルサーバーとVPSの違う点としては、自由度が違います。VPSであれば、OSを自由に設定することができるのです。他には最低価格やサーバーの構築方法などにも違いがあります。また、外部からの影響、専門知識の必要性の有無、利用する人にも違いがあるのです。そのような違いを知った上で、どちらを選択するかを決めることが大事でしょう。

-海外現地生活

Copyright© 海外転職放浪記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.