海外現地生活

メールサーバーの仕組みやそれぞれのサーバーの役割について

メールサーバーの仕組みやそれぞれのサーバーの役割を説明していきます。基本的に、メールサーバーはMTPサーバーとPOPサーバーこれら、2つのサーバーを合わせた総称となります。普段何気なく使用しているメールの仕組みを理解する事により、メールの送受信のトラブルに発展してしまった際の予防策にもなります。メールサーバーの仕組みは少し難解ではありますが、分かりやすく仕組みを説明していきます。

メールサーバーとは

メールの受信や配送を行うSMTPサーバーとメールを受信する機能であるPOPサーバーの2つを合わせてメールサーバーと呼びます。そして、ネットワーク上でデータを保存しておき特定の機能やサービスを提供しているコンピューターやソフトの総称がサーバーと呼ばれています。つまり、メールサーバーとはネットワークを通じて電子メールの送受信を管理するサーバーの名称であり、必要であれば、ネットワーク上にあるメールのデータを保存しておける機能やサービスの事を言います。メールサーバーは送信者もしくは受信者の片方だけが契約していてもメールのやり取りを行えません。メールが送信されるとまず、送信者側のメールサーバーへデータが送られ、次に受信者側のメールサーバーへとデータが送られます。そのため、受信者側と送信者側の両方がメールサーバーを所持している事がメールを送受信するための条件になります。

メールサーバーの仕組み

メールを送信すると一旦、メールサーバーにデータが送られます。そしてデータを受け取ったメールサーバーは宛先に指定されているサーバーにそのデータを転送します。そのデータを受け取ったサーバーは受取人がメールを取りにくるまでサーバー内でデータとして保存しておきます。メールの配送や送信には、SMTPサーバーを使用し、メールを受信する際にはPOPサーバーが個別で働いています。つまり送信側と受け取り側はそれぞれ契約しているプロバイダなどを介して、メールのやり取りを行います。

メール送信者側のSMTPサーバーにまずデータが送られ、次に受信者側のメールサーバーへデータが送られます。そしてPOPサーバーを介して受信者はメールを受け取ります。また、送信者側のメールサーバーから相手のメールサーバーへデータを送る際に不都合などにより送られなかったデータは一旦DNSサーバーへと保管されます。このDNSサーバーへ保管されたデータを取り出すには連絡先のIPアドレスに問い合わせをします。つまり「メールの問い合わせ」を行う事でデータを受け取る事ができます。これがメールサーバーの仕組みと一連の流れになります。

それぞれのメールサーバーの役割

SMTPサーバーは、送信者が送ったメールを他のサーバーへ配信する役割があり、ユーザーはメールソフトなどを使用し送信をします。また、ユーザーからメールを受け取った後にDNSサーバーにドメインの部分から相手のメールサーバーを把握し、そのサーバーへとメールが届けられます。これら一連の流れがSMTPサーバーの役割です。POPサーバーの役割は、SMTPサーバーに届けられたメールは最終的にこのPOPサーバーに届けられます。POPサーバーには、メールアドレス毎にそれぞれ送られてきたメールを保管しておりユーザーは必要な時にこの保管されたメールを取り出す事ができます。これがPOPサーバーの役割です。

IMAPサーバーは、メール受信をする際に必要になるサーバーで、受信者はメールサーバーに保存された状態でメールを読む事ができます。主にデータ容量が少ないスマートフォンなどでメールを受信する際にこのサーバーが使用されている事が多いです。DNSサーバーは、ホスト名を元に、ホストの IP アドレスを割り出す役割があります。また他のIPアドレスと重ならない様に割り振る役割も補っています。つまり、ドメイン情報を基にIPアドレスを導き出すため、メール送信をする際には必要不可欠になります。

IMAPサーバーとPOPサーバーの違い

この2つはメールサーバーにおいて重要な役割を補っています。基本的にはどちらかのサーバーを選択して使用する事になります。IMAPサーバーはどの端末からでも同じメールが観覧でき、個別にフォルダーを分ける事や、未読、既読などが反映されます。主にスマートフォンなどの端末などで使用されています。POPサーバーは、メールサーバーに届けられたメールをパソコンなどの端末で一旦ダウンロードをしてから受信します。一度データを取り出すとメールサーバー上からそのデータは削除されるため、他の端末で共有する事ができません。IMAPサーバーとPOPサーバーの違いはメールのデータを他の端末でも、共有する事が可能か、不可能かという事になります。

メールサーバーの役割と仕組み

メールサーバーはSMTPサーバーとPOPサーバーの2つが成り立って初めて成立します。そしてメールの受信や送信にはまた、それぞれの役割を持ったサーバーがあり、それぞれを介して、データを送りメールのやり取りを行う事ができます。また、メールのやり取りを行う際には、送受信の両方のメールサーバーを契約する必要があります。

-海外現地生活

Copyright© 海外転職放浪記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.